患者さんの悩みを解消!ホワイトニングやインプラントの魅力

治療器具
歯医者のイス
医者と患者

歯科医の診療メニューはこんなに多い

歯科医と聞いて、どのようなサービス内容を思い浮かぶでしょうか。近年の歯科医では、とても幅広い歯科治療が行なわれています。ここでは、その内容を見てみましょう。

歯科医の診療メニュー

インプラント
インプラントは、失ってしまった歯の代わりに顎の骨へ埋め込む人工歯のことです。頑丈な金属製の歯根を埋め込み、その上から天然の歯とそっくりな人工歯をかぶせる治療法なのです。インプラントの魅力は、なんといっても見た目が非常に自然なこと。人工歯の見た目は他の天然の歯と遜色がないので、一目見ただけではどこを治療したかわからないほどです。また、人工歯は見た目だけではなく耐久性にも優れており、固い食べ物も難なく噛み砕けるほど頑丈なのです。
ホワイトニング
ホワイトニングは、簡単にいえば歯を白く漂白する治療法です。歯は長年の生活習慣によって黄ばみが現れてしまいます。コーヒーやお茶などに含まれているカフェインが歯を着色してしまうことで、いくら歯磨きをしても落とせない黄ばみが発生します。また、毎日吸っているタバコも歯に黄ばみを発生させる原因です。ニコチンはカフェインよりも強い色素を持つため、喫煙者の歯は黄ばみやすいのです。ホワイトニングは、歯に沈着したカフェインやニコチンの色素を専用の薬剤で漂白する方法です。歯を削らず、沈着した色素を分解することで白くすることができます。
予防歯科
予防歯科治療とは、虫歯や歯周病といった歯のトラブルを未然に防ぐための方法です。例えば、毎日履いている革靴などは、革のヒビ割れなどの劣化を防ぐため定期的に磨いて対処をするでしょう。歯も靴と同様、毎日のように使用するものであるため、メンテナンスをしないとすぐに虫歯や歯周病などの「劣化」が現れてしまいます。予防歯科は、この歯に対するメンテナンスのようなものです。単純な歯磨きとは違い、歯間や歯周ポケットにある汚れまで残さず落とし、歯石の除去も行なってくれるため、歯をすみずみまで綺麗にメンテナンスできます。

専門の治療環境と技術力が必要になるメニューに関する情報は、下記でさらに詳しく紹介されています。

実際に診療を受けた人の声

白い歯を取り戻すことができた(30代/男性)

私は20代の頃から、一日一箱はタバコを吸ってしまうヘビースモーカーでした。最近になって健康のために禁煙を心がけているのですが、黄ばみだけは残ってしまうため、鏡の前でため息をつく毎日でした。そこで、地元にあるオーラルプロポーションクリニックへ受診し、歯の黄ばみを落とすホワイトニング治療を受けたのです。結果は見事なもので、まるで少年時代の頃のような白い歯が得られました。綺麗な歯を維持するためにも、一層禁煙に向けて頑張ろうと思いましたね。

痛みもなくリラックスして治療が受けられました(30代/女性)

私は東京にある自宅で小さなピアノ教室を開いているのですが、ある日生徒に「口が臭い」といわれてしまい、とても大きなショックを受けてしまいました。もちろん毎日歯磨きはしていますし、今まで自分の口臭については気に留めていませんでした。念のため審美歯科へ行ったところ、先生から「歯周病になりかけている」という指摘を受けました。その後は歯科で定期的に歯周ポケットの洗浄を行なってもらい、痛みもなく本格的な歯周病になる前に治すことができました。歯周病は自分では気づきにくい病です。再発を防ぐため、今では定期的に予防歯科治療を受けるようにしています。

コンプレックスだった歯並びの悪さも改善されました(20代/男性)

十代の頃は仲間と一緒によくバイクに乗り、よく夜中に峠を走ったりしていたのですが、その時に事故を起こしてしまい病院へ入院することになりました。幸い大きな怪我はなかったものの、口元をぶつけてしまい歯が数本折れてしまったんです。折れてしまったのが前歯だったので、歯がないのが目立ち、人の視線が口元へ向いているのを感じていました。それが長年コンプレックスになっていたのです。このままじゃいられないと思った僕は、銀座にある矯正歯科で歯並びを改善する治療を受けることを決意。根本から折れた歯は取り除いて、インプラント治療で新しい歯を埋め込んだのです。見た目も自然で歯並びも綺麗に治り、治療をうけて本当によかったと思いました!

歯の治療は痛くない~増えている無痛治療~

歯の治療

幼少期のトラウマなどにより、歯科医へ行くことをためらっている人はとても多いです。しかし、虫歯をそのままで放置していくと、症状は悪化するばかりになってしまいます。近年では、歯科医に抵抗を持つ人にも配慮された無痛治療を導入している矯正歯科や審美歯科も多くなりました。その概要を解説します。

無痛治療とは?

無痛治療とは、極力虫歯などの治療による痛みを取り除く治療法です。痛みのない治療法と聞けば、多くの人は麻酔を使用した治療法だと考えるでしょう。今ではどの歯科でも部分麻酔を使用して治療を行なうので、特別に「無痛治療」というくくりはいらないのでは、と考える人も多いものです。しかし、歯科での無痛治療は単純に麻酔を使用することとは違います。麻酔注射そのものの痛みを軽減する方法や、医師の技術によって治療中に痛みなどの負担を与えないようにする治療法なのです。痛みを抑えるために大量の麻酔を使用するのではなく、患者さんの体の負担を極力抑えることができるのが、この無痛治療のメリットなのです。

無痛治療における無痛対策とは?

表面麻酔
麻酔注射は、注射をすること自体の痛みを取り除くことはできないため、麻酔注射を嫌う人も多いでしょう。無痛治療では、麻酔注射前に歯茎へ麻酔剤を塗布します。これは表面麻酔と呼ばれる方法で、患部に塗ることで表面の痛覚を麻痺させ、注射の痛みを和らげることができるのです。
33Gの麻酔薬
無痛治療では、麻酔注射に使用する注射針にもこだわります。歯茎の中の神経を極力刺激しないよう、「33G」と呼ばれる極細の麻酔針を使用するのです。表面麻酔を使用しても、痛みが和らぐのはごく表層だけです。極細の注射針を使用することで、注射針を差し込むことによる痛みも抑えられます。
麻酔法へのこだわり
注射はただ針を刺せばよいというわけではありません。患者さんに痛みを与えないようにするため、注射のしかたにも高い技術が必要となります。無痛治療を行なうクリニックでは、医師が麻酔注射に関する高度な知識や経験を有しているため、注射による痛みも最小限で抑えてくれます。
低侵襲(ていしんしゅう)治療
虫歯治療の際、腕の悪い歯科ですと必要以上に歯を削ってしまい、歯に負担を与えるとともに強い痛みを患者さんに与えてしまいます。無痛治療では、削る割合を極力減らし患者さんの負担を抑える「低侵襲治療」を行ないます。マイクロスコープで確認しながら削るので、削る割合は必要最小限で済むのです。

この他にも東京エリアをはじめとする歯科では、あらゆる最新治療が導入されています。下記サイトでは注目の歯科クリニックが見つかるので活用してみましょう。

-->
TOPボタン