歯科が取り組む無痛治療【患者さんの負担を限りなくゼロに】

治療器具
歯医者のイス
医者と患者

歯科治療は削る・抜くではなくレーザー治療の時代へ

虫歯治療と聞くと、歯を削ったり抜いたりするイメージを連想しがちです。現在では歯を削ることも抜くこともないレーザー治療を導入している歯科医が増えています。ここでは、無痛治療の1つでもあるレーザー治療についてみてみましょう。

レーザー治療って何?

ドリル

レーザー治療とは、病変の見られる歯に医療用レーザーを照射することで、治療効果をもたらす治療法です。従来のドリルなどを使った治療法とは異なり、歯に強い振動を与えないため、痛みなどの負担が少ないのが特徴です。レーザー機器には複数の種類があり、機器ごとに治療範囲は異なります。

レーザー治療の種類

半導体レーザー
半導体レーザーには、低出力のレーザーと高出力のレーザーの2種類があります。低出力タイプでは、口内炎や知覚過敏の治療、顎関節症の痛みを抑えるなど、主に口内での炎症や虫歯治療後の殺菌に用いられます。高出力タイプなら、根管治療の際の殺菌や歯茎の黒ずみの治療、歯の治療後の止血などに用いられるのです。
HeNe(ヘリウムネオン)レーザー
HeNeレーザーは、不活性ガスと呼ばれるヘリウムとネオンを混ぜた赤色のレーザーです。出力が小さいので、治療による痛みの負担が少ないのが特徴です。顎関節症や口内炎の鎮痛効果や知覚過敏の治療、抜歯した箇所の鎮痛や腫れを抑えるなどの目的で使用されます。
炭酸ガスレーザー
炭酸ガスレーザーは、歯科で広く使用されているレーザーです。特徴は、レーザー照射によって虫歯の治療ができるという効果がある点でしょう。虫歯によって軟化した象牙質に照射することで、患部をガラス状の物質に変化させます。ちょうど虫歯部分にフタをしたような状態となり、虫歯の進行と再発、さらには知覚過敏の抑制ができます。
Nd:YAG(ネオジムヤグ)レーザー
Nd:YAGレーザーは、他のレーザーとは違い止血効果に優れたレーザーです。歯科治療による歯ぐきからの出血を抑え、また歯茎の炎症を抑える効果があるので、治療の予後がよくなります。
Er:YAG(エルビウムヤグ)レーザー
Er:YAGレーザーは、炭酸レーザーと同様の(ハードレーザー)と呼ばれるタイプのレーザーです。炭酸レーザーよりも歯を削る効果が高いので、機種によってはこのレーザーを用いることで、虫歯の治療を行なうこともできます。

レーザー治療はメリットも豊富

殺菌効果が高い
レーザーを患部に照射することで、虫歯菌を熱によって殺菌することができます。初期の虫歯や歯周病の患部に照射すれば、高い殺菌効果により虫歯の進行を抑え、効果的に治療を行なうことができます。
安全性も高い
レーザー治療と聞いて、患部以外の場所に照射をされてしまい、やけどなどの怪我を負ってしまわないかと心配になる人もいるでしょう。レーザー治療では、光ファイバーと呼ばれる非常に細い導光線を使って照射します。広範囲に照射することはないので、安全に治療ができます。
痛みが少ない
レーザーが照射される時間はほぼ一瞬です。そのため、痛みによる負担はほとんど感じずに治療を終えられます。レーザー治療を行なう医師も専門的な技術を有しているため、痛みがないように配慮しながら照射をしてくれます。

レーザー治療を受ける際の注意点

レーザー治療は、種類によって初期の虫歯や歯周病の治療をすることも可能です。そのため、レーザーだけで歯のトラブルを全て治せるのでは、と考えている人もいるでしょう。しかし、レーザー治療によって主に得られる効果は、あくまで治療効果を高める補助的なものです。進行した虫歯や歯周病などの治療を行なえるわけではないので、しっかりと治療するには従来通りの治療法が最適といえます。

無痛治療に関するQ&A

以下は、無痛治療を行なうクリニックへ寄せられたよくある質問です。

治療費が高くなることはありますか?
レーザー機器や特殊な注射を使用するなど、治療法によっては追加での費用が発生することはあります。しかし、原則的に無痛治療はクリニックごとの「スタンス」のようなものであり、医師が自分の技術で痛みを取り除く手法を行なっているなら、それも無痛治療といえるわけです。
無痛治療と謳っているからといって、必ず高額な治療機器を使用されるわけではないので、安心して治療を受けて下さい。
虫歯の状態に関わらず無痛治療は可能ですか?
結論からいえば、完全に痛みを感じさせないという保証はできません。進行した虫歯は歯の深い場所まで侵食されてしまうため、どうしても痛みは発生してしまいます。しかし当クリニックでは痛みによる負担を極力抑えるため、麻酔薬の追加などを行ない、痛みを感じさせないよう手を尽くします。
また、歯医者嫌いの人ですと、麻酔が効いている状態でも恐怖によって痛みを感じることがあります。治療に対して不安があるという人は、遠慮なくご相談下さい。医師からのカウンセリングにより、不安が解消できるよう対処します。
痛みに弱く、えずきやすい体質でも大丈夫ですか?
体質的にストレスに弱い人、または嘔吐反応が強い人ですと、何の対策もしていなければ治療中に吐いてしまうことがあります。そのため当クリニックでは、治療を行なう前に吐き気を抑える薬剤やスプレーを使って対処します。嘔吐反応が強い人は、吐いてしまうかもしれないという強い不安感を持っており、そのストレスで吐くリスクが高くなります。吐き気を抑える薬を使用するだけで、そのような不安も解消できるため、吐き気予防に高い効果があります。
パニック障害を患っていますが問題はないですか?
虫歯の治療は誰でも強い不安感を抱くものです。特にパニック障害の人は、強いストレス下で動悸やめまいが起こり、強烈な不安感にさいなまれるため、歯科で治療を受けることを悩む人も多いでしょう。オーラルプロポーションクリニックでは、こうしたパニック障害を持つ人にもきちんと配慮します。事前にしっかりとカウンセリングを行ない、無理な体勢とならずリラックスした状態で治療が受けられるようにするなど、極力精神的な負担を抑えるよう努力します。
TOPボタン