無痛治療以外にも重要な治療法!虫歯を防ぐ予防歯科とは

治療器具
歯医者のイス
医者と患者

安心して利用できる歯科医を探すポイント

ここまで無痛治療について紹介してきましたが、歯科医に出向く時点で不安を抱く人もいるでしょう。ここでは、リラックスして治療が受けられるように、病院選びのポイントを紹介します。

カウンセリングサービスでわかる優良な歯科医のポイント

説明がわかりやすい
通常はどの歯科でも、X線写真を撮って正確な診断を行ないます。X線を取らず、歯を見ただけで一方的に診察結果を出すところは避けたほうがよいでしょう。優良な歯科は、X線の結果と目視での結果から正確な診断を出します。その際に患者さんにわかりやすいよう、専門用語を省いたわかりやすい説明も行ないます。
きちんとした治療スケジュールを立ててもらえる
ろくに治療のスケジュールを伝えず、しかも治療の方法が何度も変わる歯科は信用してはいけません。優良な歯科は、正確な検査結果をから最適な治療方法を選び、完治までの期間やトータルでの費用についてきちんと説明してくれます。
メリットだけではなくデメリットも説明してくれる
医療行為には必ずメリットとデメリットが生じます。メリットばかりを伝え、高額な治療法を勧める医師は医療に関する誠実さに欠けた人物といえます。きちんとデメリットに関しても話してくれる医師であれば、信用できる医師だと判断できるでしょう。
複数の治療法を提案してくれる
歯科での治療法は複数存在します。優良な医師は、治療法ごとのメリットやデメリット部を説明し、患者さんに選ばせてくれます。治療効果だけでなく、体への負担の軽さや金額の安さなど、治療法ごとの特徴を伝えてくれるので、医師と意見を交わしながら治療法を選べます。

歯医者さんからのアドバイス!

受付の対応や院内の様子も確認しましょう(歯科医)

医療行為をする歯科は通常のサービス業とは違うので、とりわけ接客に力を入れる必要はありません。とはいえ、最低限の対応は必須です。患者さんへの対応が雑で、医師やスタッフが常にイライラしているようなクリニックは避けましょう。ただでさえ不安を抱く患者さんへ、さらに余計な負担を与えてしまうわけですから、医療に従事する人の態度としては大問題ですね。よいクリニックは受付の対応でわかります。電話での対応が丁寧で、受付でも初診の人へしっかりと案内をしてくれるクリニックなら、安心して通えると思います。

予防歯科に尽力している歯科は信頼性も高いです(歯科医)

どの歯科でも、来院する患者さんは虫歯がかなり進行した状態で診察を受けます。クリニック側からすれば、虫歯治療によって高い利益が得られますが、患者さんの負担を考えるとやはりこうした状況はよいとはいえません。本格的な虫歯になることを防ぐため、歯のクリーニングをする方法を「予防歯科治療」といいますが、この予防歯科での治療に力を入れているクリニックは信頼できます。虫歯の再発を回避するための生活習慣や、正しい歯ブラシのしかたなどを治療後にしっかりレクチャーするクリニックなら、この予防歯科への理解が深いといえます。

二度と虫歯を作らないために~フッ素塗布のススメ~

きれいな歯

フッ素塗布はオーラルプロポーションクリニックなどの歯科でよく見られる治療法ですが、大人が施術しても非常に高い効果が得られるのです。フッ素塗布による高い効果を見てみましょう。

フッ素塗布の効果

初期虫歯治療
初期の虫歯は、歯の再石灰化のバランスが崩れることで現れます。食事をすると人の口腔内は酸性になり、歯のエナメル質が溶けてしまいます。再石灰化は唾液によって口腔内をアルカリ性にし、溶けたエナメル質を補修する作用です。しかし、この効果が下がると歯が修復されず、虫歯を発症しやすくなります。フッ素塗布はこの再石灰化を促進させる作用があるため、利用することで虫歯のリスクを下げられます。
歯の強化
フッ素を歯に塗布すると、歯のエナメル質と結びつきフルオロアパタイトと呼ばれる物質になります。この物質は酸に対して高い耐久性があり、口腔内が酸性化した場合にも歯をしっかりと保護してくれるのです。
虫歯予防
虫歯の原因となる虫歯菌は、私達が食べる食事に含まれる糖やタンパク質をエサに増えます。虫歯菌は栄養を得ると強い酸を放出するため、その酸によって歯が溶かされ、虫歯が発生するわけです。フッ素塗布をすることで、この虫歯菌の酸を作る働きを阻害できます。歯を強化すると同時に、虫歯菌への対策も行なえるため、予防歯科治療として高い効果があるのです。

歯磨き粉を選ぶ際もフッ素を確認しよう

フッ素の有用性から、最近では市販の歯磨き粉にもフッ素が含まれた製品が多く販売されています。歯磨き粉に含まれているフッ素は、主にフッ化ナトリウムやモノフルオロリン酸ナトリウムです。これらの成分が含まれた歯磨き粉は、無配合の歯磨き粉に比べ26パーセントの虫歯発生率の抑制ができるというデータもあります。こうした結果から、フッ素を含んでいる歯磨き粉は歯科医も推薦するほど、予防効果が高いアイテムです。なので、歯磨き粉を購入する際もフッ素が含まれていることを確認するようにしましょう。

気軽に歯科医を利用する~定期健診を受ける~

虫歯や歯周病は初期の状態では自覚症状がありません。定期健診によって歯の状態を調べてもらえば、早期発見と治療を行なえます。

定期健診で何がわかる?

指導員

定期検診では、口腔内が健康的な状態で保たれているかを医師が調べてくれます。虫歯や歯周病の有無を調べるほか、口腔内の粘膜に炎症がないか、銀歯やインレー、インプラントといった過去の治療行為の予後を確認することも行ないます。虫歯などの検査をする他、歯磨きでは落とせなかった歯の汚れ・歯石を取り除く歯のクリーニングも行ないます。歯科によっては、正しいブラッシング指導もしてくれるので歯の健康をしっかり守れるようになるでしょう。

定期健診にかかるコスト

定期検診での費用は、相場としておよそ3000円から4000円の費用が必要となります。レントゲンを取らない目視での簡易的な検査なら、さらに安い費用で受けることができます。それでもたかが検査のためにこの出費は高い、と考える人もいるでしょう。しかし、歯科での定期検診はおよそ3ヶ月から半年に1回の頻度でよいとされています。一年単位で考えると費用は安いものとなるため、それほど大きな出費とはならないでしょう。

TOPボタン